羽だ@田無~肉うどん

 そして次に目指すお店は、田無にある「羽だ」さん。東京では珍しい、「吉田のうどん」を提供されているお店だそうです。田無駅から徒歩で6分くらい、到着時間は12時11分でした。
羽だ

 店内に入ります、先客は3名で厨房には店主さんらしき年配の男性店員さんが1人で切り盛りされています。
 カウンター席7席、小上がり席が2卓。こちらのお店にも、ラックに取り付けられたフックにギターが掛けられておりました。壁に掲げられていたメニュー札を見ると「かけうどん」(500円)「もりうどん」(500円)「肉うどん」(700円)「肉もりうどん」(700円)「大盛り」(100円)とシンプルな構成。
 カウンター席に着いて、「肉うどん」を注文しました。カウンターには、もちろん「スリダネ」も用意されておりますね。
スリダネ

 お水を飲みながら出来上がりまで待つこと15分、「お待たせしました」と店主さんからカウンター越しに配膳されました。
肉うどん

 うどんの上にはキャベツ、人参、豚肉(馬肉ではないです)。刻み青ネギは別添です。
アップ

 それではおつゆからいただきます。おつゆは透き通った醤油色、味噌は全く入ってない様子です。ズズッと啜ってみると、出汁感はやや弱いですが見た目通り醤油の味わい。吉田のうどんらしく味噌とのブレンドだと、もうちょっとコクが出るのでは?とも思いましたが、東京ではこの味がピッタリ合うのかも知れませんね。
おつゆアップ

 そしてうどんに移ります。うどんは吉田のうどんにしては、やや細めです。硬さもそれ程はありませんが、ゴワッとした食感の武骨な食感は武蔵野に通じますね。武蔵野うどん地域にこのうどんを出されても、違和感なくその土地に溶け込めるうどんだと思います。
うどんリフト

 途中でスリダネを投入します。スリダネはゴマの割合高く、ゴマの風味が強いですが辛味も本場と同様かなり辛さ。一気に額から汗が吹き出ます。
スリダネ投入

 そんなこんなでうどんは食べきり、おつゆはちょっと残して。お会計の際にスタンプを押してもらって…ご馳走様でした。
[住所] 東京都西東京市田無町3-10-16
[営業時間] 11:30~15:00 / 17:00~22:00
[定休日] 木曜日
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR