横浜ラーメン ニ代目常翔家@新秋津~特製常翔ラーメン(並)

 今日は仕事帰りに、一啜り行って来ました。場所は新秋津、「横浜ラーメン 2代目常翔家」さん。到着時間は21時14分、店内に入ります。
常翔家

 店内は7割くらいの埋まり、厨房には若い男性店員さんが2名と、ホール担当の若い女性店員さん。わたくしは入り口入って右手にある券売機にて、お財布を取り出しゴソゴソしてると5千円札しかなかったので、お札投入口に入れようとすると、はじかれてしまいました。よくよく観ると、千円札のみ対応の機器のようなので、ホールの店員さんにお札を崩して頂き、改めて券売機にて「特製二代目ラーメン(並)」(950円)のボタンを押しました。
 食券を手にしてカウンター席に向かうと、ホールの女性店員さんから「ラーメンのお好みはどう致しますか?」と尋ねられ、「麺普通、味薄め、脂少なめ」と伝えました。すると「ライスは小か中サイズでお付け致しますが、どう致しますか?」と尋ねられ、着席されているお客さんのほとんどがライスをたのまれていたので釣られて「小で」と伝えました。
 お水を飲みながら出来上がりを待ちます。一先ず「小ライスで~す」と運ばれます。
ライス

 カウンターには「スープ、タレ、チャーシューは全て手作り」とアピールされ、「ラーメンをおかずにご飯を食べるスタイル」を提唱されており、ライスはお代わり無料だそうです(新秋津の某家系ラーメン屋さんも同様ですね)。
紹介

 カウンターにはお酢、のりたま、いりごま。お漬物もカウンター台の方に常備されておりました。家系ラーメンならではの、卸しニンニク、豆板醤と言った調味料は見当たりません。
卓上調味料

 それから10分弱で「特製の並、お待たせしました~」とカウンター越しに配膳されました。
特製二代目ラーメン

 ラーメンには海苔3枚、チャーシュー3枚、半熟玉子、ほうれん草、ネギ。
アップ

 では、早速スープをレンゲで掬います。スープはドロリと粘度のある濃厚豚骨醤油スープ。ズズッっと啜ってみると、コクのある豚骨スープに「味薄め」にしたためか家系ラーメンにしては大人しめの醤油ダレ。そして唇にまとわりつくベタっとした濃厚なスープ。
スープアップ

 チャーシューは肩ロースでしょうか。厚みはありませんが、歯ごたえも味付けも程よいチャーシュー。
チャーシュー

 そして麺に移ります。麺は平たいストレート太麺。ツルツルシコシコな食感と、ほんのり香り小麦の香り。
麺リフト

 小ライスは海苔を巻きながら食べたり、お漬物を付けて食べたり、のりたまを掛けて食べたり…と大忙し(汗)。そんなこんなで、スープは残しましたが、それ以外は完食しました。ご馳走様でした。
[住所] 東京都東村山市秋津町5-13-63 細谷ビル
[営業時間] 11:00~15:00 16:00~22:00
[定休日] 火曜日
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR