魚要@東武日光~冷たい湯波そば

 今日は仕事がお休みなので、日光へ紅葉鑑賞に出掛けました。
東武日光駅
紅葉

紅葉

紅葉

五重塔

三猿

眠り猫

 紅葉鑑賞、世界遺産鑑賞も終わったので、ランチにします。東武日光駅近くにお蕎麦屋さんがあるようなので、そちらでランチにしたいと思います。目指すは、「魚要」さんです。到着時間は11時15分、店内に入ります。先客は8名、厨房には年配の男性2名と年配の女性店員さん1名の体制でした。
魚要

 メニューを見て、お水を運んで下さった女性店員さんに「冷たい湯波そば」(1300円)、「そばがき」(320円)、「日光路ビール」(600円)を注文しました。
メニュー

メニュー

 まず「日光路ビール」が運ばれたので、グラスにそそっと注いでグビリといただきます。
ビール

 すかさず「蕎麦がき」が運ばれて、「こちらのおつゆと一緒にお召し上がり下さい」と蕎麦がき、蕎麦つゆ、薬味が運ばれました。
蕎麦がき

 さて、蕎麦がきですが…ネットリとした食感で、蕎麦本来の風味がお口の中でいっぱいに広がります。もしかしたら、蕎麦の美味しい食べ方って「蕎麦がき」が一番なのでは?と思わせる一品でした。
蕎麦がき

 待つこと10分前後で、「お待たせしました~。お蕎麦に直接おつゆを掛けてお召し上がり下さい」とメインのお蕎麦が配膳されました。
冷たい湯波そば

 お蕎麦は平たく切られた細めのお蕎麦。大きめのホシが確認出来ます。ちょっと田舎蕎麦風でしょうか。
アップ

 まず湯葉(こちらのお店では何故か湯波と書かれております)からいただきます。大豆の旨味が濃厚な湯葉で、全体的に味付けが施されていてそれがイイ感じに沁みていて美味しいです。
湯葉

 この湯葉自体も工夫が凝らしていて、細いゼンマイを巻いたものや、高野豆腐を湯葉で包んだものもあってバラエティーに富んでいて、実に楽しめました!
湯葉

湯葉

 そしてお蕎麦に移ります。お蕎麦は田舎蕎麦風の蕎麦の風味が強いながらも、甘味のある美味しいお蕎麦でした。蕎麦つゆは鰹節メインですが、様々な節系の出汁感が複雑に絡み合いながらもそれらが絶妙にブレンドされバランスの良い旨味が生まれ、カエシも江戸前に近いキリッと辛めの味わいで美味しくいただきました。
そばリフト

 そして、全て完食しました。美味しかった!ごちそう様でした♪
蕎麦挽き

[住所] 栃木県日光市御幸町593
[営業時間] 11:00~15:00 17:00~19:00
[定休日] 不定休
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR