蒙古タンメン中本@御徒町~北極海

 そして御徒町に向かいます。同じく「蒙古タンメン中本」さんですが、こちらも今月中の限定商品の販売がアナウンスされております。
 御徒町駅に着いたのが13時30分くらい。まだまだ時間はあるので、久々に「アメ横」を散策。さすがにゴールデンウィークともなると、人通りも多く歩くだけで大変。市場さながらの活気溢れる呼び声が轟く中、歩いているだけでも臨場感が味わえるのはイイですね。
 また、多くの居酒屋さんではゴールデンウィークにも関わらず、ごった返すほどのお客で溢れかえっていました。嗚呼、わたくしも仲間に入りたい(笑)。そして時間調整をして、いざ!「蒙古タンメン中本」さんへ。
蒙古タンメン中本御徒町店

 14時58分くらいにお店に到着すると…外には十数名の外待ち。他のお店(六角家、青葉)はほとんど待ち客がいないにも関わらず、中本さんだけはスゴいっす。しばらくそのまま待ちます。
 ただ、待ってる間にも「北極海」を目当ての方が多いので、限定数売り切れまで大丈夫だろうか…。
 そして小田副店長さんが外待ちのお客の対応をされていました。わたくしにも「食券をお求めください」と案内があったので、早速店内へ。厨房では近藤チーフが鍋を振っております。そういえば限定商品の「北極海」って近藤チーフ考案のメニューなんだったっけ。
 券売機にて「北極海」(850円)、「ねぎ」(60円)、「麻婆単品(120円)、「ビール」(500円)のボタンを押しました。食券を手にして、また最後尾に付き直して待ちます。
 そしてホール担当されている小田副店長さんに、食券とポイントカードを手渡します。その際「麺半分で」と伝えました。
 わたくしの吉祥寺店のスタンプが押されたポイントカードを見て、「吉祥寺は明日が6周年記念ですよね。今では限定で『北極の超』が販売されてますが…」と尋ねられたので、
 「吉祥寺で『北極の超』を食べて、こちらに来ました。」と伝えると、「ありがとうございます。」とのお礼のご挨拶をいただきました。
 そのまま店内に進むに連れ、そして20分後、カウンター席に案内されました。
 まずビールが運ばれたので、付きだしのもやしをつまみながらビールをゴクゴク、プハー♪このために生きているようなもんだな。

 そしてしばらくして、「お待たせしました。麻婆豆腐単品と北極海麺半分で~す」と横田さんから配膳されました。
北極海

アップ
 
 盛られた白髪ねぎ以外の具に関しては、スープにほとんど沈んでいる状態なので何が入っているのかワクワク感でいっぱい。早速スープを掬って啜ってみると…、
スープアップ
 
 おう!魚介の風味がブワッと口の中で拡がる味わい。わたくしはこういう魚介系の味わいはスゴい好きなんですよ。
 レンゲでスープの奥から掬ってみると、殻付きのホタテやアサリがゴロゴロ出てきました。その他にも海老やらイカやら魚介の具が沢山。用意された小茶碗は殻入れなのだそう。

 そして麺に移ります。麺はいつものモチモチ太麺で美味しいです。麺半分なので連食のわたくしには丁度良い量です。それにしても辛いスープだあ。
 スープは少し残して完食しました。ごちそうさまでした~。次の限定商品が楽しみです。
完食
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR