むぎとオリーブ マーチエキュート神田万世橋店@淡路町~蛤SOBA

 そして新御徒町駅で降りて、「神田やぶそば」さんを目指し歩いていきます。お店の前に到着しました…が、しかし右前方にふと目をやると…おや?JRガード下に何やら色々なお店が立ち並んでいるのが見えました。ちょっと見てみるかな。と歩いて行くと「むぎとオリーブ」さんがあるじゃないですか。小耳には挟んでいたので、ちょっと伺いますか(ラーメン屋さんだけど…)。
むぎとオリーブ マーチエキュート神田万世橋店

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

味噌麺処花道@野方~辛味噌ラーメン

 そしてライブの打ち上げ終了後の帰り道、小腹が空いたな…と思って西武新宿線で、新井薬師前駅から野方駅に行きました。なかなか訪問する機会に恵まれなかった「味噌麺処花道」さんを目指します。時間は21時20分、既に外には3名の待ち客が。スゴイ人気のお店ですね~。

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ふくや@根津~もやしそば

 今日は根津神社のつつじ祭を見に行きついでに、うどん屋さん巡りをする予定でした。しかし数店巡りましたが、外まで行列を成していたり、GW臨時休業だったりで入れませんでした。予定を変更してラーメン屋さんに入ろうと思います。テクテクさまよい歩き、言問通り沿いに一軒見つけました。
ふくや

 「ふくや」さん。某老舗明太子を思わせる店名ですね。時間は12時05分、店内に入ります。「いらっしゃいませ~!」元気いっぱいの掛け声で迎えられます。先客は2名、厨房には年配の男女各1名、若い男性1名という構成です。家族で営まれているのでしょうかね。店内は結構綺麗です。カウンター8席、四人掛けテーブル席が2卓ありました。わたくしはカウンター席に座りました。メニューを見て「もやしそば」(570円)を注文しました。通常の「ラーメン」はなんと450円というCP。全体的に価格は抑えめのようです。卓上には胡椒、ラー油、醤油、お酢が備えてあります。
卓上調味料

 待つことおよそ5分ほどで着丼。早いです!
もやしそば

 具にはもやし、人参、キクラゲ、玉ねぎ、豚肉。「もやしそば」というネーミングから、てっきり「サンマー麺」かな?と思って注文したのですが、どうやら違うようです。餡らしきものは一切かかっておりませんでしたので。
具アップ

 スープを啜ります。炒めた野菜の旨味と香りがしましたので、炒めた野菜をスープで煮立たせるような調理法なんでしょう。味付けはあっさり、油はうっすら乗っている程度なので、非常に軽く飲みやすいです。
スープアップ

 麺は細麺で柔らかめ、ちょっと茹で過ぎでしょうか。麺は中華料理屋でよく見かけるような麺ですね。器が小さめの割には、麺量はそこそこありました。
麺リフト

 お値段の割にバランスも良く、美味しかったです。昔ながらの中華そばという味わいですね。お会計を済ませて、ごちそうさまでした~。「ありがとうございました~!」と店員さんから元気のいい掛け声が。気持ちイイですね。
完食

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ザボン@中野新橋~ザボンラーメン

 今日も仕事帰りに行って来ました。事前に職場からそれほど遠くない場所で、深夜帯に営業しているラーメン屋さんをネットで検索し、中野新橋近くにある「ラーメン築地」さんを目指して行きました。しかし歩けど見当たりません。うーん地図だと確かここら辺のはずなんだけどなあ。周辺をウロウロ徘徊しましたが、結局見当たりませんのであきらめました。車をコインパーキングに停めた時、途中になんかラーメン屋さんぽいのがあったなあ、と思って行ってみました「ザボン」さん。ラーメン居酒屋みたいです。
ザボン

 1時20分、店内に入ります。おっと、なんかバーっていうかスナックみたい。黒と赤を基調としたシックな店内です。スーツを来たサラリーマンのわたくしにはちょっと場違いか?店内にはかなり酒を飲んでイイ感じに酔っ払っている方々ばかりです。奥のカウンター席に座ります。厨房には50~60代の男女、店主とママさんといったところでしょうか。メニューを見て「ザボンラーメン」(840円)を注文しました。待つこと12~3分くらい。
ザボンラーメン

 具には薄めで面積小さめのチャーシューが数枚、千切りのキャベツにもやしが茹でられたもの、キャベツはシャキシャキ感が残っています。それと味の付いた椎茸がスープの中に隠し込まれていました、ちょっと変わってますね。チャーシューの上には、揚げねぎがちらされておりました。
具アップ

 スープは豚骨で臭みはありません。白濁するほど煮出された豚骨スープというわけではありませんが、豚骨のコクは十分感じました。塩分は若干強いかなとも思いましたが、許容範囲内です。麺は極細のストレート麺。この麺が入ると、やっばり九州ラーメンって感じになりますね。麺自体はシコシコ食感を残した絶妙な茹で加減。
麺アップ
 脂もそれほどクドくはなく十分美味しく戴けましたよ。ごちそう様でした~。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋 八兵衛@御徒町~濃厚和風つけめん

 昨日の続き。小平でうどんを堪能後、今度は御徒町にやって来ました。本当はラーメン横町内の「蒙古タンメン中本」さんに行こうとしたのですが、外には長蛇の列が・・・。すっかり諦めてしまいました。ちょっと外れたところを歩いて行くと、「麺屋八兵衛」さんなるラーメン屋さんがあったので入ってみることに。
麺屋 八兵衛

 時間は14時00分、先客は2名。厨房には店主と思われる方と、日本語がカタコトな男性。入って右側にある券売機にて「濃厚和風つけめん(麺250g)」(750円)のボタンを押しました。席に着いて食券を店員さんに渡すと「辛さを大、中、小から選べますが」と聞かれたので、「中で」とわたくし。店内はカウンター席のみ、上の方を見るとお店のこだわりが。豚骨鶏ガラに頼らず、魚介ベースにこだわった無化調の出汁に、濃厚さを出すのにアボカドとクリームチーズを使用、とのこと。想像出来ないので、いやがおうでも妄想は膨らみます。そして待つこと7~8分くらいです。
濃厚和風つけめん

 つけ汁はやや黒めの褐色、一般的な濃厚魚介とは見た目から趣が違います。つけ汁表面には何やら浮かんでいるのが確認できます(灰汁?な訳ないか)。中には極太のメンマと崩れかけのトロトロチャーシューが入っていました。
付け汁アップ

 麺はややウェーブがかった中細、黄色がかっています。半熟玉子ともやしが乗っています。麺はさほど強いコシがある訳ではありませんが、程良いシコシコ麺。ただ、若干麺が絡み合って、箸でつかんでつけ汁に浸す時に苦労してしまいました。
麺アップ

 麺をつけ汁に浸してお口の中へ。口に入れた瞬間多少ザラザラ感があり、これが魚粉によるものなのかはちょっと判別できませんでした。つけ汁は濃厚ですがドロリとした感じではなく、麺に多少絡む細かい固形物が濃厚っぽさを演出しているようです。これがアボカドによるものなのかなあ?クリームチーズのようなコクはあんまり感じませんでしたね。あとでジンワリ辛味を感じることが出来ます。
麺リフト

 一通り麺を食べた後店員さんにスープ割りを頼みました。すると容器が運ばれました。
スープ割り容器

 中を覗いて見ると…白濁したスープが入っており、特に香りがあるものではないです。
割りスープ

 つけ汁容器に注ぎます。うーん、スープ自体には味はついてはいないようです。なんかスキムミルクっぽい?失礼(笑)!
割りスープ投入

 ごちそうさまでした~。
完食

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR