大勝軒まるいち新宿店@新宿〜野菜つけ麺+辛み3

 そして都心をフラフラ散策していたら小腹が空いてしまったので、軽く大勝軒のつけ麺でも食べようかな、と思って新宿に向かって「大勝軒まるいち」さんに寄ることにしました。時間は13時42分、階段を降りて店内に入ります。
大勝軒まるいち

 先客は5名。入口入って左側にある券売機にて、「つけ麺」(700円)、野菜(150円)、「辛み1・2・3」(100円)のボタンを押しました。
 食券を手にすると、女性店員さんに「こちらにどうぞ」と案内されたので壁側のカウンター席に着きました。そして食券を店員さんに手渡して、「辛み3で」とお願いをしました。「あつもりも出来ますが」と尋ねられましたが、「冷たい方で」とわたくし。お水を飲みながら待っている間、壁側に貼られたメニューを見ると、まあ多いこと多いこと。これだけあると、通っていても飽きないだろうなあ。
 待つこと10分くらい、「お待たせしました。」と配膳されました。
野菜つけ麺(辛み3)

 つけ汁にはキャベツ、人参、もやし、にら等たっぷりの野菜が入っており、ナルトが上に乗せられております。そして、このお店のチャーシューは大きめにブロック状に切られたものでした。そして「辛み」は別盛りではないようですが、言えば別盛りにしてくれるのかも。
つけ汁アップ

 麺は太めでやや褐色、海苔が一枚添えられておりました。
麺アップ

 麺をつけ汁に浸して啜ると、小麦の香りがフワリと感じる、モッチリした食感。
麺リフト

 つけ汁はやや甘味が強いかなと思われましたが、啜り続けると辛味がジンワリ効いてきます。額からジンワリと汗が滲み出てきました。
スープアップ

 それにしても大勝軒さんの麺量は、並盛りとは言えやはり多いですね。麺は食べ切りつけ汁はスープ割りにせず、そのまま飲み干してしまいました。ごちそうさまでした。
完食


大きな地図で見る
東京都新宿区新宿3-23-12 パンドラビルB1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 無し
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

炎魔山@新宿~横浜家系濃厚豚骨醤油

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。場所は新宿、いつもの真っ赤なお店…ではなく、歌舞伎町にある「炎魔山」さんに行ってみることにしました。ここのラーメンも辛さを売りにしているみたいですよ。
炎魔山

 時間は1時55分、店内に入ります。先客は4名、厨房には2名の男性店員さん、ホールには1名の男性店員さん。入り口入って右側にある券売機を見ます…、って「横浜家系濃厚豚骨」の醤油と塩の2種類と、ライス、麺大盛のボタンしかないようです。別のお客が店員さんに聞いてた話に聞き耳をたてると、もうほとんど売り切れなのだそうだ。ガックシ。一番辛いラーメン「大魔王」を食べようと思ってたのに…。

 仕方ないので「横浜家系濃厚豚骨醤油」(300円)のボタンを押しました。まあ、でも300円とは歌舞伎町価格で考えれば破格ですね。食券を店員さんに手渡して、カウンター席に着きます。(後に知ったのですが、「横浜家系ラーメン」どうやら17と18日で特別価格での提供とのこと。ラッキーでした。)
 卓上には卸しニンニク、食べるラー油、塩ゴマ、胡椒、ラー油、醤油、お酢が置いてありました。
卓上調味料

卓上調味料

 さて待つこと5分、「横浜家系濃厚豚骨醤油」着丼です。
横浜家系濃厚醤油

 具にはほうれん草、チャーシュー1枚、うずらの玉子、海苔3枚。とちょっと具は寂しいですが、一般的な家系ラーメンです。
アップ

 スープは粘度はさほどではなく、サラサラ白濁豚骨。脂はうっすらのっています。と言うか、これ醤油味なのかな?随分白濁が際立ってるけど…。では啜ります。おう、確かに濃厚な味わいではあるけど、やや甘味も乗ったマイルドな豚骨スープです。
スープアップ

 麺は太めのストレート。いかにも家系っぽい麺で、シコシコ食感を楽しめる麺。
麺リフト

 ただ食べていくうちに、ちょっと飽きがきてしまったため、卓上のラー油と食べるラー油をかけて味を変えたいと思います。ただ食べるラー油が底に僅かに残っていただけだったので、スプーンで出来るだけ掬い取って投入。うーん、味変えまでにいかない量しか掬えませんでした。それじゃあ、卸しニンニクでもいれますか。
 そして残りの麺を全て完食して、スープはちょっとクドくなってきたため残してしまいました。ごちそうさまでした。辛いラーメンが食べたかったな。次の機会にでもチャレンジしてみるか。でも、こうだとわかっていたら中本さんに行っていたよ…。残念!
完食
 それにしても、ちょっと物足りないなあ。



大きな地図で見る


東京都新宿区歌舞伎町1-12-9
営業時間 11:00~翌5:00   日・祝 11:00~21:00
定休日 無し

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

凪 新宿ゴールデン街店@新宿~煮干しラーメン

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。一週間苦しんだ口内炎も、やっと落ち着いてきたので久々に啜るかなと。場所は新宿、いつもの蒙古…ではなく新宿ゴールデン街にある「凪」さんを目指します。
 靖国通りを東に歩いて行き、新宿区役所の信号を左に入ってゴールデン街へ。確かここら辺のはずなんだけどなあ、と周辺をウロウロしてしまいました。バーの2階にあるようなので、キョロキョロ探していると…、あ!ありました!!ちょっとわかりづらいかも。
凪 新宿ゴールデン街店

 入り口のドアの営業案内を見てみると…、
入り口
 年末年始休み無しッスか!気合い入ってるなあ。
 
 時間は1時55分、ドアを引くと目の前には急な階段があり、昇っていくと券売機があります。ふと左側の店内に目をやると…うわ!店内は満席のようです。
 すると「いらっしゃいませ。食券を購入して一旦外に出て、脇の細い通路でお待ち下さい」と店員さんに言われました。そしてわたくしは「煮干しラーメン」(750円)のボタンを押し、食券を店員さんに手渡しました。丁度後客団体4名が入って来て階段を上がって来ましたが、「お客様が階段を降りますので、一度外に出てもらってもいいですか?」と店員さんがその団体客に声を掛けます。それだけ階段は狭く急で、通りすがることもままならないほどなのです。
 わたくしは一度階段を降りて外に出て、店脇の通路で待ちます。その団体客の後にも3人くらいの団体客が。結構な人気のお店のようです。
 そしてしばらく(7分くらい?)通路で待っていると、どこからか「先頭でお待ちの1名様どうぞ」と呼ばれ、階段を昇ります。店内に入ると店員さんから「一番奥の席へどうぞ」と言われるがまま座ります。
 
 しかしこのお店、超狭いです。内装を見るとおそらく以前バーがあったところを、居抜きでそのままラーメン屋にしてしまったような造りです。厨房に面したカウンターは8席くらいでしょうか。とにかく通路も激狭なので座っているお客も前のめりになって、背後を空けてくれるのだけれども、それでも厳しい(笑)。ま、座れたので一先ず出来上がりを待ちましょう。
 
お店のおすすめ

お店のこだわり

 すると5分くらいで、「お待たせしました~」とカウンター越しに手渡されました。それが、こちら~。
煮干しラーメン

 厚めのチャーシュー1枚、海苔1枚、ザク切りのねぎがのっています。
アップ

 ん…、なんかワンタンみたいなのがあるんですけど。引っ張りあげて…食べてみます。
平麺アップ
 あ、なんだ麺なのね。なんかヒモカワっぽい(食べたことはないですけど笑)。これは面白いですね~。

 それでは次にスープをいただきます。スープはスゴい真っ黒で、富山ブラック!?な勢いです。そして丼に顔を近づけると、ふわ~っと煮干しの香りに包まれます。う~ん、これだけで涎が…。啜ってみると、煮干しの香りが鼻腔をくすぐり、口いっぱいに煮干しの旨味が広がります。これだけ煮干しが強いのにも関わらずエグミはないし、これだけ真っ黒なのに意外にも塩辛くないんですよ。脂もほとんど浮いていないです。美味しいなあ。やっぱり個人的には、こういう煮干し系や魚節系のスープって大好きだなあ。
スープアップ

 それでは麺に移ります。麺はやや平べったく、強く縮れた中太麺。食感はムニュッとしており、スープを適度に吸い上げております。
麺アップ

 麺量は少なめなので、あっさり食べ終えてしまいました。いやあ、美味しかったなあ。店内は狭くて落ち着かない(笑)けど、また食べに来たいなあ。食べ終ったラーメンの丼を店員さんに手渡して、ごちそう様でした~。
完食




大きな地図で見る

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
営業時間  月~土 11:30~15:00 18:00~翌4:00 日・祝 18:00~2:00
定休日 第3日曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ザボン@西武新宿~ザボンラーメン

 今日はバンド、ジョニーはごきげんの忘年会。新宿で待ち合わせです。待ち合わせまでちょっとだけ時間があったので、サザンテラスにてイルミネーションをのぞいてきました。
サザンテラス

サザンテラス2

サザンテラス3

サザンテラス4

サザンテラス5

 そして「呑者家」さんで飲み食い、2軒目の「九龍」さんで紹興酒を飲み、それじゃあ〆にラーメンでも食べるかということになりました。何処のラーメン屋にしようかとジョニーやnoriさんがわたくしに聞いて来ますが、正直新宿は詳しくないので(蒙古タンメン中本さんくらいしか思いつかない笑)、noriさんが「豚骨なら美味しい店を知ってるよ」とのことで連れていかれたのが「ザボン」さん。ザボンさんは過去に2回くらいは来たことがあります(とは言っても10年以上くらい前になるか)。
ザボン

 正直食べた記憶はあるのですが、ほとんど覚えていない(笑)。確かザボンラーメン(850円)を注文したように思います(笑)。ラーメンの出来上がりまで、またまたビールを数本注文して皆で飲みました。そして出来上がったのがこちら。
ザボンラーメン

 全然ピントが合ってねえよおw。いかに酔っぱらっていたかがわかりますよね(笑)。ここの豚骨スープはかなり安定していると思います。そして麺は九州ラーメンさながらの極細ストレート。プツプツ食感が気持ちいい。
麺リフト

 ごちそうさまでした。皆さん、飲み過ぎには気をつけましょう(笑)。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

桂花ラーメン新宿東口店@新宿~太肉麺

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。場所は新宿、歌舞伎町をフラフラしてみました。さすがの金曜日の夜ですね、飲んでいた多くのサラリーマン達がワイワイと通りを歩いています。それと同時にキャッチのお姉さんやお兄さんがいつもよりも一杯で、誘いの言葉の数々を振り切るのに精一杯で。
 
 結局歌舞伎町から逃れて新宿駅東口の方へ行きました。何かしらお店があるだろうとキョロキョロすると、「博多天神」さん、「風龍.MAX」さん「ラーメン康龍」さん、「桂花ラーメン」さんと九州ラーメン屋さんばかり。そしてまだ一度も行ったことがない「桂花ラーメン」さんに行きました。
桂花ラーメン新宿店

 時間は1時55分、店内に入ります、「いらっしゃいませ」。先客は3名、厨房では片言の日本語の男性店員さん1名で切り盛り。L字カウンター席全8席、かなり狭い店内です。後ろの方に怪しげな階段もありますが、上の階にも客席があるのだろうか。

 そして壁に貼られたメニューを見てみます。確かこのお店、「太肉麺(ターローメン)」(950円)が有名じゃなかったけなあと思い出し、それを注文してみました。 すると「前金でお願いします」と言われたので、慌てて財布を取り出しました。どうやら前金制のようです。

 そして待つこと5~6分、「太肉麺」着丼です。
太肉麺

 具には生キャベツ、メンマ、刻みねぎ、味付け玉子半個、茎わかめ、豚の角煮と豪勢です。
アップ

 早速スープから。白濁豚骨スープは油少なめのライトなもの、塩分はほどほどでそれほど濃い味つけではないです。マー油がサラっと掛けられているようで、香ばしい香りが食欲を刺激します。
スープアップ

 麺はストレートの細麺、やや柔らかめの印象。「桂花ラーメン」さんは熊本ラーメンを提供されているようで、博多ラーメンのような極細麺ではありません。
麺リフト

 具の太肉(ターロー)はトロトロに煮込まれているため、箸で持ち上げるとホロッと崩れるほど柔らかいです。しかしかなり脂身が多く、わたくしにはキツイものでした。キャベツはほとんど生、味付け玉子は固めでした。
太肉アップ

 そして麺は完食、スープはかなり残してしまいました。太肉の脂にやられたためか、白濁豚骨スープを受け止められない体になってしまったのかわかりませんが…。ごちそう様でした~。
完食

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR