おおむら@吉祥寺~もやしそば

 そして勢いで立て続けに行ってしまいました。場所は同じく吉祥寺、老舗の「おおむら」さん。いつも吉祥寺駅に降りては気にしていたお店なのですが、ここぞと訪問してみました。
ラーメンおおむら

 時間は22時30分、店内に入ります。先客は1名、厨房では店主と思しき年輩の男性店員さんが1人で切り盛りされています。どれにしようあなあと迷いながらメニューを見て、「もやしそば」(650円)を注文しました。
 そのままお水を飲みながら待つこと5~6分くらいで、「お待たせしました」と配膳されました。
もやしそば

 もやしはアツアツの餡で覆われており、いわゆる中華丼の餡がのったラーメンのようです。
アップ

 早速レンゲでスープを掬ってみると、油は少なめのサッパリしたスープ。啜ってみると想像通りの、鶏ベースの懐かしい味わいです。
スープアップ

 アツアツのもやし餡を食べてみると、こちらはかなり化調さんが効いた味わいですね。かなりアツアツなので、ハフハフしながら食べました。
 麺は縮れ細麺で、シコシコな食感。ずいぶん黄色いですけど、卵つなぎなのでしょうかねえ。
麺リフト

 さすがに2杯目はお腹に堪えます。スープは飲み干せませんでした、ごめんなさい。ごちそうさまでした〜。
完食
 ああ、また食べ過ぎてしまった…。


大きな地図で見る
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-3-1
営業時間 11:30〜24:00
定休日 日曜日?
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋勘九郎@吉祥寺~勘九郎辛味噌ラーメン

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。場所は吉祥寺、なんか二郎インスパイア系のラーメンが食べたくて、「麺屋勘九郎」さんに行きました。
麺屋勘九郎

 時間は1時45分。店外の券売機のメニューボタンに目をやります。ほう、「小サイズ」(通常のラーメンから100円引き)も品揃えされ始めたようです。ちょっとチョイスに悩みましたが、前回とは違うメニューにしようと思い、「勘九郎辛味噌ラーメン」(830円)のボタンを押しました。食券を手にして店内へ。

 店員さんから「タバコは吸われますか?」と尋ねられ、わたくしが「いいえ」と答えると「こちらへどうぞ」と前回とは違う厨房がある方の部屋へ案内されました。店員さんから「このラーメン、かなり辛いですけど大丈夫ですか?」と聞かれました。てやんでい、こちとら「中本」さんの激辛ラーメンで鍛えられてるから、ちょっとやそっとの辛さでは驚かんよ~、とか思いながら「はい」と即答。そして「ニンニク入りますが、よろしいですか?」と聞かれましたが、ある意味ニンニクを摂取しに来たようなものなんでここで頼まなきゃ男が廃ると、「お願いします」と答えました。

 早速テーブル席に着いて待ちます。卓上には醤油、胡椒、ラー油、お酢、唐辛子が置いてありました。
卓上調味料

 テーブル脇(それとカウンター上に)にコップとボトルが置いてあるので、それを注ごうとするも、お水がからっぽ(T-T)。それじゃあとカウンター席に置いてあるボトルまで歩き、手にして注ごうとするもこれもからっぽ( ̄ヘ ̄メ)。わたくしの一連の動作を見てか、店員さんが水の入ったボトルをやっと持って来てくれましたが、空っぽのボトルをこういくつも置いておくのはいかがなもんかなあ。確かに閉店近い時間だけどさあ(ブツブツ)。

 さて、待つこと8分くらい、「勘九郎辛味噌ラーメン」着丼です。
勘九郎辛味噌ラーメン

 野菜がデフォでも結構な量ですねえ。野菜の頂上には、花かつおが乗っています。
アップ

 そして脇にはニンニク君も、デフォで結構な量を盛られております。少なめで注文すれば良かったかな?
にんにくアップ

 まず、大量の野菜をかき分けてスープから。なかなかコクのあるスープです。やや、甘味も感じます。辛味は普通のラーメン屋さんの中では辛い方なのでしょうか。
スープアップ

 それでは野菜をスープに浸しながら食しますかね。野菜の大部分がもやしそれとキャベツ、中の方には刻み玉ねぎが潜んでいました。チャーシューは2枚、豚バラ巻きです。箸でつまむと、ホロホロ崩れるほどに柔らかいです。そして口に入れると脂身がとろけていきます。結構美味しいですね。
チャーシューアップ

 さて、麺ですがかなり太めの強い縮れで、いかにもな強面麺にみえますが、食感は普通。二郎インスパイア系に見られるゴワゴワ感はありません。ただ量がたっぷりで、太麺なだけにかなり食べ応えはあります。
麺リフト

 そして、なんとか麺を食べきり、スープも飲み干そうかなとも思いましたが、ニンニクも大量に摂取してしまいそうなので、若干残してしまいました。ごちそうさまでした~。今度はつけめんを食べに来ようかな。
完食



大きな地図で見る



東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-3 オリエンタルビル B1F
営業時間 月~土 11:30~翌4:00(L.O.3:30) 日・祝 11:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 水曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメンバリ男吉祥寺店@吉祥寺~ラーメン

 台風一過で一気に秋モードへ・・・、とはいかないようですね。家を飛び出せば、カンカン照りの太陽がお出迎え。まだまだ夏服が活躍しそうな9月後半です。
 さて、今日は吉祥寺に行ってみることにしました。なんか二郎系のラーメンが食べたくて、「ラーメン生郎」さんでもよかったのですが、より駅から近い「ラーメンバリ男」さんに行きました。
バリ男吉祥寺店

 時間は12時00分、店頭の券売機にて「ラーメン」(750円)のボタンを押して、食券を手にして店内に入ります。
券売機

 「いらっしゃいませ!」と掛け声が。先客は6名、厨房には男性店員さん2名。昼時にしては空いています。卓上には胡椒、刻みニンニク、ラーメンだれ、特製唐花なるものが置いてありました。
卓上調味料

 お水はセルフのようなので、一先ず汲んでから待ちます。店員さんは一切私語もなく、黙々と調理されています。そして待つこと7~8分、店員さん達から「ニンニクやっちゃって下さい!」との掛け声と同時に「ラーメン」着丼です。
ラーメン

 ふと気づくと、あれ?トッピングコールがなかったなあ、と思ったら食券を渡す時に言わなければならないみたいですね(後客の若者が『野菜増し増し』コールしてましたので。他のトッピングコールも出来るのかな?)。器は想像していたものよりも小さかったので、ちょっと肩すかし。
アップ

 ニンニクは一さじ入れて、スープから啜ります。脂はデフォでかなりの量が浮かんでおります。色あいからして乳化が進んだスープでこってり、味わいはやや薄めかな?
スープアップ

 そして麺に移ります。やや平べったい極太麺。ゴワゴワとした食感は二郎インスパイア系らしい麺。
麺リフト

 食べ進んでいくと、薄めに感じたスープはかなり味が濃いものと判明。ラーメンだれ入れなくって良かった~。器が小さかったので侮っていましたが、麺量はなかなかのもの(ネットのレビューを見ると300gあるんですね)。かなり満腹度は高いです。そして、やってはいけないと思いつつも、器の底に書かれているその文字が見たくてスープも完飲してしまいました。ごちそうさまでした~。
完食



大きな地図で見る



東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-17
営業時間 11:00~23:00
定休日 不明

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ぶぶか@吉祥寺~とんこつらーめん

 今日は新横浜でわたくしが在籍しているバンド、ジョニーはごきげんの練習です。その前に吉祥寺で腹ごしらえといきます。いつもの「蒙古タンメン中本」さんに行くことにしようっと。今月より販売開始した「北極の秋」が目当てです。
 そして外から中の様子を伺うと、入口付近まで行くと店内待ちがすんごいことになっていました。そりゃ日曜日の昼だもんね。でも並んで食べてからとなると、とてもじゃないけど練習に間に合わないや。と言うことであっさり予定変更。吉祥寺駅南口から歩いてすぐの「ぶぶか」さんに行くことに。
ぶぶか提灯

 時間は12時15分、外待ち6名。ここは中本さんほどの混みようではありませんがなかなかの賑わい。いやあ、ここに来るのは何年ぶりになるのだろうか。「ぶぶか」さんと言えば「油そば」が有名ですが、これから練習だからガッツリは食べることは出来ないので、普通のらーめんにしようと思います。
 さて外で待つこと8分くらいで店内へ。席に着いてメニューを見て「とんこつらーめん」(580円)を注文しました。卓上調味料にはおろしニンニク、胡椒、お酢、豆板醤が置いてありました。
卓上調味料

 周辺の食べているお客さん、というかほとんどのお客は「油そば」を注文してますね。そしてわたくし今日はギターを抱えているので、背負いながら席に座ります。ギターを背負うと、後ろの狭めの通路をちょっと塞いでしまって、ちょっと迷惑な人になってしまいました。さて待つこと6分くらい、「とんこつらーめん」着丼です。
とんこつらーめん

 具には海苔、チャーシュー、メンマ、ねぎ、もやしがのっています。
アップ

 さて、まずスープから。スープの表面には油の層が覆っており、背脂もプカプカと浮いております。啜ると見た目同様のこってりスープ。あれ?こんなにこってりでしたっけ?記憶が曖昧なわたくし。でも味付け自体は程よい塩加減なので、普通に美味しいです。
スープアップ

 麺はほぼストレートの細麺。九州のラーメンとはちょっと傾向は違いますが、シコシコした食感はイイですね。
麺リフト

 麺量はさほど多くはなかったので、あっさり完食しました。しかしこってりスープは、さすがにちょっと残してしまいました。ごちそうさまでした~。
完食

ぶぶか遠景

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

洞くつ家@吉祥寺~ラーメン

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。場所はまたまた吉祥寺。今日は家系ラーメンを提供されている「洞くつ家」さんに行って来ました。
洞くつ家

 時間は1時45分、店内に入ります。店内はお客の入りが7割くらいの賑わい。結構流行っていますね。厨房には3名の男性店員さん。券売機にて「ラーメン」(650円)のボタンを押し、食券を手にしてカウンター席へ向かいます。

 食券をカウンター台に置き座ります。すると「調理はどうしますか?」的なニュアンスのことを尋ねられたので、ふとカウンター台下の方を見ると、「麺の茹で方、油の量、味の濃さ」を選べるようです。わたくしは何も考えず、「全て普通で」と答えました。
お好みに

 卓上調味料には、すりゴマ、おろしニンニク、生姜、生唐辛子、醤油、お酢、胡椒が置いてありました。
卓上調味料

 わたくしあまり家系は詳しくないのですが、このお店は横浜六角家と姉妹店とのことです。さて待つこと6分くらいでしょうか。「ラーメン」着丼です。
ラーメン

 具には海苔3枚、チャーシュー1枚、ほうれん草と家系では定番の具です。
アップ

 ではスープから。スープからは豚骨臭が漂います。かなりトロミがあり油も結構多いですね。家系らしい醤油味が濃い味わい。唇の周りにネットリとしたべたつき感もあります。
スープアップ

 麺は縮れ平打ち。食感はやや柔らかめではありますが、しなやかな伸びがあり、スープとの絡みもイイですね。
麺リフト

 途中生唐辛子を投入。かなり入れてしまい、辛くなってしまった。次に生姜も入れてみましたが、スープの味の濃さに負けてしまい、劇的に味が変わるというまではいきませんでした。

 麺量は少なめだったので、あっさり完食しました。ごちそうさまでした~。
完食



大きな地図で見る


東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-4
営業時間 11:00~翌5:00
定休日 日曜、月曜の祝日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR