蒙古タンメン中本@渋谷(30)~濃厚柚子塩つけ麺

 そして渋谷に行きました。目指すは「蒙古タンメン中本」さん。平日の14時から15食限定で販売される、新作メニューが目当てです。
蒙古タンメン中本渋谷店

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本@渋谷(4)~麻辣麺

 今日も仕事帰りにー啜り行って来ました。場所は渋谷、「蒙古タンメン中本」さんです(久々の訪問だなあ)。
蒙古タンメン中本渋谷店

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本@渋谷~中本風トマトつけ麺

 そして時間を潰して渋谷へ。そう、もちろんいつもの「蒙古タンメン中本」さん。こちらでも14時から17時の間で時間限定を販売されています。時間は14時11分、すでに外には3名の外待ち客。スゴイ人気だね、渋谷店。
蒙古タンメン中本渋谷店

続きを読む

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本@渋谷~酸辣湯麺

 そして、今度は渋谷へ。丸ノ内線で赤坂見附まで行き、銀座線に乗り換えて渋谷駅。ちょっと時間を潰して、時間調整をして行きました。もちろん、いつもの「蒙古タンメン中本」さんです。目当ては平日のみ時間限定の「酸辣湯麺(スーラータンメン)」です。14時〜17時の3時間縛りはかなり厳しいですよね。しかも平日のみなんで、週末お休みの方は余計に厳しいのではないのでしょうか?
蒙古タンメン中本渋谷店

 時間は14時00分、店内に入ります。早速入口入って左側にある券売機にて、「酸辣湯麺」のボタンを探します…って、売り切れランプが点灯していました。そこで店員さんに「すみません、酸辣湯麺ってまだ販売されませんか?」と尋ねると、「ええと、14時からの販売となりますので…」と店員さんが時間を確認されると「申し訳ありません」と券売機のセッティングをしていただき、ボタンのランプがようやく点灯しました。「酸辣湯麺始まりま~す」と厨房の方へ声を掛けられました。ちょっとホッとしたわたくし(^。^)。
 そして「酸辣湯麺」(750円)、「チャーシュー」(200円)、「麻婆単品」(120円)、「瓶ビール」(500円)のボタンを押して食券を手にして、ホール担当の店員さんに食券とポイントカードを手渡し、「麻婆単品は先出しでお願いします。」と伝えました。すると「奥のテーブル席にどうぞ」と案内されました。
 一先ずビール、突き出しのもやし、「麻婆単品」が運ばれました。そしていつものようにグビリッ。くー!美味しいねえ。
ビールともやしと麻婆単品

 そして、「麻婆単品」もトロトロのトロミでイイ案配のトロミ感。しばし飲み続けて終わったところで…「お待たせしました~。酸辣湯麺、チャーシューで~す」と配膳されました。
酸辣湯麺

 中央には山椒がトッピングされて、イイ香りが漂ってきます。具材は筍、人参、椎茸、タップリの挽肉、それとサラッとスープの表面を一回し掛けられたラー油。中の方には生姜とタップリのニンニクスライスも入っていました。
アップ

 香りもなかなかそれらしいお酢の香りがフワッと。それでは早速レンゲでスープを掬います。スープはドロリとした、いかにもなトロミの強いスープです。
スープアップ

 啜ると…酸味と辛味はグッと抑えられていて、非常に食べやすくなっておりました。ここは万人受けを狙って、味付けされているのでしょうか。個人的にはもっと酸味が効いた感じが好きなので、卓上のお酢をよっほど投入しようかどうしようか迷いましたが、止めておきました。何故なら卓上の穀物酢を使用するとちょっと噎せてしまいますんでね。出来れば穀物酢よりも中国の香醋が良いのですが…、って無いものねだりしても仕方ないですねσ(^_^;)。
 辛さは卓上の唐辛子で調整も出来ますが、食味も変わってしまうので出来ればラー油増しとかが出来るとイイなあ。でもなんだかんだでスープの味わい自体は、全体的にまとまっていて美味しい!の一言です。
 そして麺に移ります。麺はいつものモチモチ中太麺で、スープとの絡みも悪くありません。
麺リフト

 でもこちらも細麺でちょっと食べたくなりました。啜っていて気づいたこと…それは「麺半分」で注文するのをすっかり忘れてしまったこと。フルの麺量なのでやや苦戦しました。さすがにうどん2杯食べた後ですからねえ。それでも何とか麺、スープ共に完食しました。
完食
 ごちそうさまでした~。美味しかった〜。今年75杯目の中本さんでした~。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本@渋谷~爆々麺(ボーボーメン)

 今日も仕事帰りに一啜り行って来ました。場所は渋谷、久々の「蒙古タンメン中本」さん。営業時間が延長して、行きやすくなりましたね。でも今日は金曜日の夜だから、相当に混んでいるんだろうなあ…。
蒙古タンメン中本渋谷店
 
 時間は21時25分、店の外には8名待ち。もっと並んでいるのかなあ、とも危惧していたのですが、渋谷には色々なお店があるから分散化しているんでしょうね。そのまま行列の最後尾に着いて待ちます。行列整理兼ホール担当をされていた店員さんから「一名様ですか?店内で食券をお買い求め下さい」と店内へ案内されました。
 入口入って左側にある券売機にて、渋谷店限定の「爆々麺」(730円)、「爆々飯」(210円)、「玉子」(60円)、「ビール」(500円)のボタンを押しました。
 そして、食券とポイントカードをホール担当の店員さんに手渡します。「こちらの商品はかなり辛いですが、よろしいですか?」と尋ねられたので、「大丈夫ですよ」と返します。すると「玉子はどういたしますか?」と尋ねられたので、「スライスで」とお願いしました。「こちらの席にどうぞ」と案内されました。
 一先ずビールと突き出しのもやしが運ばれたので、もやしをつまみにグビリとやります。プハーッ!美味しいなあ、ビールがあ。疲れが一気に癒されます。
ビールともやし

 そのままビールを嗜んでいること8分くらい、「お待たせしました~。爆々麺、玉子スライスと爆々飯で~す」と配膳されました。
爆々麺

 この「爆々麺」、冷し味噌スープのつけ汁容器に盛られております。上にはニラに山椒がパラパラと振りかけられ、トッピングの玉子スライスも添えられておりました。
アップ

 それにしても、この濃い深紅の色合いは、激辛さを物語っておりますね。サイドで注文した「爆々飯」はご飯の上に爆々麺の餡が掛けられたものです。
爆々飯

 さて、和え麺タイプのラーメンなので、万遍無く全体を掻き回します。そしてかき混ぜた後、早速啜ります。魚介の香りがフワ~と漂う中、鮮烈な山椒の香りが引き立ちます。餡にはプリプリの海老に、イカが入っておりました。早速啜ります。
麺リフト

 ズルズルと重く啜る和え麺。クー!激辛です。でも魚介の旨味が十二分に出ており、辛味と旨味が背中合わせになって旨さ爆発です。ひゃー、それにしても辛い!そして麺はいつものサッポロ製麺の中太麺でモチモチ。爆々麺の餡が絡みまくって、辛さ爆発。

 一気に額から汗が吹き出ます。でも量的には少なめなので、アッサリ完食。さて次に「爆々飯」に移ります。まあ、こちらは餡がご飯に乗っただけなので、味わいは大体想像出来ました。その想像通り美味しいですが、麺よりも若干食べやすく感じたのは気のせいかな。そして全て完食しました。ああ、美味しかった~。ごちそうさまでした。
完食
 今年42杯目の中本さんでした~。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

もろもろ

Author:もろもろ
福島生まれ東京育ち

嗜好品:麺類(特にらーめん)、お酒全般

趣味:Mac製品との戯れ、作曲、ギター、ベース、カメラ

在籍バンド:ジョニーはごきげん、HALLO BROS.、heavens drug

リンクフリーです。コメントいただけるとうれしいです。お気軽にどうぞ。 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR